2017年12月17日

日経225ミニで株取引をする

日経平均株価の先物取引(日経225)を、1/10のミニサイズで行う商品を日経225ミニといいます。

日経225ミニは、2006年から取り扱いが始まった、個別銘柄を研究して選ぶ手間を省くことができ少ない資金で取引することができる、シンプルさが売りの商品です。

日経225先物取引はそれ以前から行われていましたが、日経225ミニはその小規模版として登場した商品です。

株価指数先物取引というタイプの金融商品で、日経平均株価という株価指数の変動を対象にして取引が行われます。

取引対象になっている日経平均株価は、特定の企業の株価を指すものではなく、日本の株式市場全体の流れや動きを表すもので、ニュースなどで毎日のように報道されています。

東京証券取引所が日本の主要225銘柄を平均して出す日経平均株価と、東証が出している東証株価指数が有名な平均株価です。

日経平均株価の100倍を1枚とし、それを最小単位として取引を行うのが日経225ミニ取引です。

つまり、日経平均株価が14,000円であった場合、日経225ミニの最小取引単位(1枚)の値段は140万円となります。

相場の変動で日経平均が10円上がったなら、利益は1万円です。安く買って高く売るか、高く売って安く買うことで利益を得る仕組みです。

日経225ミニを実際に取引するため必要な資金ですが、先ほどの例で140万円そのものが必要となるかというとそうではありません。

レバレッジを用いた証拠金取引となるので、50万円程度の購入資金があれば日経225取引を始めることができます。






技あり一本!!日経225オプション取引に勝つ(基本編)




日経225先物とオプション




日経225オプション買いの実践




【関連する記事】
posted by FX男 at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経225ミニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。